講談社さん

今週水曜日に、講談社の「週刊少年マガジン」「なかよし」「ARIA」の編集者の方が来コース、出張編集部を開催して下さいました。
ストーリーマンガコースはプロのマンガ家が教員として指導に当たっていて、そのツテからお願いして大学に来て頂く機会が数回あります。今回と2週間前は講談社、11月には小学館の方が来て下さり、1月にはスクエアエニックス、また女性誌を中心にした編集プロダクションの方もいらっしゃいます。
学生にとっては持ち込みに行かなくても原稿を見て頂けるチャンス!
…え?完成原稿がない?
大丈夫、そんな場合でも、完成ネームがあれば見て頂けるのでとても有難いことです。

今回来て下さった編集部の方にストーリーマンガコースの印象を伺いました。
今までにも数回来て下さってる週間マガジンの編集さん…「作品レベルが高い。絵も話も上手でその二つを両立させているのが凄いなぁと毎回思います。週刊少年マガジンには精華の卒業生も多く、今回のような出張編集部に持って来てくれたら、新人賞に応募して貰いやすいです」
はい、卒業生がいつもお世話になっています…有難うございます。
なかよしの編集さん…「全体的に自分の世界観が確立している人が多い。絵が整っているというよりは、印象が強い特徴のある絵!大切なものを守りながら育てる勉強をしているように感じます」
こちらの編集さんには「少女マンガこそ型にはまってはいけない!~にしないとダメと考えるのはタブー」というアドバイスも頂きました。そうなんですね!その発想には目から鱗が落ちました。

ストーリーマンガコースで主催する出張編集部は、コースOBも参加することができます。
また、コース主催のものとは別に、大学のキャリア支援課が主催する出張編集部も年に何回か行われるので、『わざわざ持ち込みに行かなくても』大学で現役編集者から講評してもらえるチャンスが沢山ありますよ!

最後に編集さんから『精華大学の印象』を…
「フリーマーケットがふらっと開催されていたり、作品作りに真剣に悩んでいる学生がゴロゴロしていて、クリエーターとしての意識がしっかりしている大学の自由さが好きです」
有難うございました!
検索フォーム
プロフィール

ストーリーマンガコース

Author:ストーリーマンガコース
Twitter @SeikaStory
OCのお知らせ、卒業生の情報、授業風景などご紹介します。

メールフォーム>>

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク