スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログ彩色中

ストーリーマンガコースではマンガを描く授業以外にも様々な実技授業を行っています。
2年生の「制作実習」もその一つ、アナログでカラーを描く授業です。
これは「精華大学のストーリーマンガコース」の特徴でもありますが、2年生まではとに角アナログで制作を行います。
「自分」の「技術」をスキルアップするためには、まず自分の目と手に覚えさせる、それが遠回りの様でも一番力が付くという方針だから。
画像a
制作実習では、まず色々な画材を使って練習課題を行い、自分に合う画材が見つかったらそれを使ってキャラクターイラストやマンガ制作を行います。
同じ画材を使っても仕上がった作品は千差万別、紙の違い・タッチの違い・色使いの違い…描いた人の個性がストレートに絵に反映されます。
今日の課題はアクリル水彩でした。
練習課題なので、画像を見ながら彩色していきます。
画像b
描かれたカラーイラストや漫画の優秀作品は廊下の展示スペースに展示されていますので、オープンキャンパス等でご覧いただけます。
検索フォーム
プロフィール

ストーリーマンガコース

Author:ストーリーマンガコース
Twitter @SeikaStory
OCのお知らせ、卒業生の情報、授業風景などご紹介します。

メールフォーム>>

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。